2011年03月27日

放射性物質

情報隠蔽することが一番の仕事と思っているのかは知らないが、日本政府が作成を拒み続ける福島第一原発からの放射性物質の拡散状況のシミュレーションだが、海外では大々的に公開されて注意を喚起している。

それについて、古代史関連のブログが詳しいので紹介しておく。
http://utukusinom.exblog.jp/


過去の分を見る限りはおおむね正しいのではないかと思えるシミュレーション結果になっているのがわかる。基本的には山による自然の障壁を加味しつつ、その日の風向きや雨などが重要なファクターなのだろう。個人でどの日を特に警戒すべきかを示すためには非常に重要な情報といえる。(政府公表後に警戒開始しても遅すぎたとなる場合も生じかねない)

日本政府も20キロ超の国民に対して、自力で判断して待避してくれなどと今頃言うのではなく、せめて最低でも待避に適したタイミングと燃料や手段は提供しないことにはあまりにも無責任というしかない。

毎日蓄積するなど多重するリスクを負うにもかかわらず、どのような状況下になっても、一様に、安全だ、ただちには健康に害はない、レントゲン一日分と変わらないから大丈夫などといったといい加減なことを言っているようでは国民が政府に不信感を抱くのみとなってしまう。風評被害を拡大させているのは、正しい情報を伝えず、何でも健康に害はないというのみの政府が原因なのではないか。危険な水準がサッパリわからないのだ。


最後に原発事故後のチェルノブイリで5年にわたって医療活動をしてきたという現松本市長の談話が公表されているサイトを紹介して今日の記事は終えたい。政府やマスコミの流す情報の視野の狭さがわかるのではないか。
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/aramasi/sityo/kaiken/teirei20110322/index.html


posted by アイナット at 03:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。