2011年04月27日

東北の都市はなぜ内陸都市が多いのか?

日本全国の傾向として、海のある県については、県庁所在地など大都市はほとんど例外なく海沿いに位置している。
例外といえそうなのは、今回取り上げる東北地方を除いたら札幌市と旧佐賀市くらいなものだ。

え、小郡町と合併する前の山口市は内陸だったって? いやいや山口市は今でも経済規模で言えば、山口県3番手か2〜4番手程度だということを忘れてはならない。下関市、周南市、宇部市といった山口県の主力都市はいずれも沿岸部に位置しているので決して山口県は例外とはいえないだろう。

さて、東北地方である。どうして東北No2の経済力を誇る郡山市、福島No3の経済規模ながら県都の福島市、東北No3の盛岡市、そして山形市は内陸に位置しているのだろうか? 更に言えば、東北No1都市の仙台市の中心部は古くから奥羽山脈の迫る内陸部である。

極めて悲しいことだが、今回の東日本大震災で、その理由がわかったような気がした。
もともと明治時代に敷かれた鉄道や幹線のたぐいは江戸時代の都市部を結ぶものだ。江戸時代以前にも栄えていたところとして上記の現在の大都市群が挙げられ、また同じく内陸都市の米沢や会津若松、白河、水沢、古川などもそれに加えてもいいだろう。

つまり古くから海沿いは定期的に大津波に見舞われるということを、先人達はよく理解し、畏怖していたということなのだ。だから内陸部に拠点都市を作り上げ現在に至っているということなのだろう。古くからの伝承の類には、現在の学者の説明を超越する、それ相応の真理が隠されているということだ。

そして逆説的に考えると、岩手県から福島県の今回の被害がもっとも大きかった地域を除くと、有史以降の津波被害は伝承として伝わるほどそれほど大きなものでは無かったのだとも考えられる。
つまり浜松市、和歌山市、徳島市、宮崎市など、100年に一度の東南海地震の影響エリアであっても、地震による被害はともかくとして、過去に今回のような破滅的な津波が押し寄せたことはないのではと思われるということだ。
もっとも今回、八戸市や千葉の旭市についても大きな被害を受けているだけに、上の理論は破綻しているかもしれない。


posted by アイナット at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 自治体情報サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平均サラリーの変遷

http://nensyurank.fmd4.com/nensyusuii
上のサイトを見ると、昭和51年〜平成21年までの平均年収がグラフで記されている。

バブル崩壊直後あたりの平成4年までは急激な右肩上がりで伸びて行っているが、その後は緩やかに右肩に下がり続け、平成21年にはリーマンショックで大幅下落してしまっている。

平成21年の年収は昭和64年(平成元年)とほとんど同じ水準となってしまっているのである。去年は多少は回復しているとは思うが、おそらくは平成20年には遠く及ばないことは推定される。

年金やらローンやらが有効に機能していた時代は、平成4年までである。それは年収水準のデータを見れば明らかだ。平成4年まではお金を手元に置いていたら相対的に凄い勢いで価値が下がっていた。だから借金してでも物を買うという流れが出来ていた。年金にしても投資みたいなものである。

しかし平成5年以降の、いわゆる失われた10年、もとい20年の時代では、全く逆である。

もしも平成5年以降の現在に至るまで右肩上がりが続いていたとしたら、年収平均は750万〜800万近くになっていただろう(この数字は、何となくどこかで見覚えがありそうな年収平均だ)。失われた20年とは350万〜400万の損失ということになる

posted by アイナット at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

生きているタマネギ

なんのことは無いのだが、戸棚に入れていたタマネギから茎がニョキニョキと伸びていたのでギョッとしてしまった。
たった一週間程度放置していただけなのに、20センチ近くも育っていたのである。
普段見慣れていないだけにグロテスクにうつった。

しかし考えてみると、野菜と言えども植物なのだから当然だ。しかしニンジンの葉っぱや毛が伸びるとかは見たことがあったが、よもやタマネギとは。

で、どうしたかと言えば、栄養が吸い取られていそうだったので捨てました。もったいない。でも2個あるうちの1個は20センチだったんだが、もう1個は3センチくらいしか芽が出てなかったため、そちらは中央を除いて端っこを食べましたとも。

野菜だって肉だって、生命なのだ。もうちょっとは生かされていることを感謝せねばならんよ。って捨てておいて言うセリフでは無いわけで面目ない。(あとで調べるとニョキニョキ生えたのもネギもどきとして食べられるらしい。本体は栄養無くなってすてて当然みたいだが。)
posted by アイナット at 00:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

JIN

待っていた続編がスタート。
いきなり二時間もので、あまりの休む間のない密度の濃さに二時間視聴するのは正直疲れた。
相変わらずの面白さであったが、この続編はどうやら史実に絡む部分が多くなりそうな展開になっている。
今日の話では、広瀬少佐の西郷の演技が素晴らしかった他、久坂玄瑞や佐久間象山も同様だ。
JINはあくまでSFジャンルのため、歴史物でありながらも多少無茶が自然に出来るところも良いところだろう。(歴史ジャンルのくせに、史実無視の大河ドラマよりも遙かに好感が持てる)

JINは俳優陣の質が高く演技力も高く、台詞も心をうつものが多いが、中でも内野の坂本龍馬の台詞「死んでいったもの達のために出来ることは、もう一度生まれ変わりたい日本にすること」というようなところ。こたびの国難と重ね合わせてしまい感極まるとはこのことだろうか。
posted by アイナット at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェルノブイリの10年後、20年後のドキュメンタリー

ちょうど15年前の1996年4月、NHKスペシャルで放送されたのが、
「チェルノブイリ原発事故人体汚染」
その1(http://www.youtube.com/watch?v=AV-_7fgYyz4&feature=related
その2(http://www.youtube.com/watch?v=zPLv842WzjI&NR=1
その3(http://www.youtube.com/watch?v=_osVYtAYd2A&NR=1
その4(http://www.youtube.com/watch?v=lBsfs-TC9Bg&NR=1
上のリンクのようにyoutubeの動画は4分割されている。
正直言って、ショッキングな内容となっているが、少なくとも15年前は普通にNHKで放送されていた内容となっている。

さて、昨日の記事でも紹介した首相官邸公式ページ(http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g3.html)上に書かれている事(3に書かれている周辺住民への影響は無い)と、上記のNHKスペシャルは明らかに相反しているが、果たして政府はNHKが嘘をついていた言うつもりなのだろうか?


もう一つ、個人的には徹底的な自虐史観と日本を軽視する姿勢から死んだ今でも大嫌いな人間に相当するのだが、5年前の筑紫哲也の番組では、チェルノブイリから20年後の現実を取り上げていた。反原発主義者の立場からもあろうが、筑紫哲也は今回の日本の惨状を予感していたのだろう。
その1(http://www.youtube.com/watch?v=jiuTh1H4n4U
その2(http://www.youtube.com/watch?v=aRgH-C4lqCo&feature=related
その3(http://www.youtube.com/watch?v=Ylxh0L1MRoo&feature=related


さて、原発は現実的にはどうすべきだろうか?
・なぜ使用電力がなぜ20年で莫大に増えてしまったのかを検証すべきだろう。
・静岡の浜岡原発は立地上明らかにリスクが高く、その割には中部電力におけるシェアも1割程度(火発を休止した上での数字)なのだから、今すぐにでも停止した方が良い
・福井嶺南にある関西電力の原発のうち、特に美浜原発については福島第一と同様の40年前の超旧型機であるゆえに今すぐにでも停止し廃炉とした方が良い。その上で電力不足が解消できないようならば、安全性と発電効率が格段に上がった新型機に刷新すべきだ。

ということで、重要性が低いくせに地震リスクが高すぎる浜岡、福島同様に40年越えも含む上に出力も低い美浜、この2箇所の原発は廃炉すべきと考えている。

特に非常事態における、首相の指導力というのは、こういうときには全責任を負って、いかなる批判を受けても簡単には動じない力強いメッセージを発することだと思うのだが、次の首相に期待するしかないのが情けない話だ。
たとえばドイツのメルケルのように。(中日新聞http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011041702000028.html
posted by アイナット at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

プロジェクトX

NHKのYoutube公式チャンネル「プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス 」が公開されている。(2010年秋〜)
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk

菅谷昭は現松本市長。以前紹介した通り、今回の福島の事故についても内部被曝警戒を提言している。

一方の日本政府はといえば、官邸発表がこの様である。
首相官邸公式ページhttp://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g3.html
ページを確認すると、「チェルノブイリ周辺の被曝住民、基本的に健康に影響なし」という見解らしい。一応プロジェクトXの甲状腺ガンについては例外とはしているが、例外と切り捨てて良い内容とは思えない。
そしてチェルノブイリより確かに現時点では放射性物質の拡散量は1/10かもしれない。
しかし全く収束の気配すら見せていないのが現状というのは決して誤魔化してはならないだろう。悪い事態を想像することは苦痛かも知れないが、予断を許さない状況は全く変わっていないのだ。リスク管理を放棄して、いよいよになったときに想定外だったという誤魔化しはもう許されない。
posted by アイナット at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

公邸から出ず、来客もなく、暇なのでしょうか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000022-jij-pol

首相動静(4月16日)

時事通信 4月16日(土)8時4分配信
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前中は来客なく、公邸で過ごす。
 午後も来客なく、公邸で過ごす。(了)


管首相いくらなんてもあまりにもあんまりではございませんでしょうか。
客も来ず、自分も公邸から外に出ず、一体なにをなさっているというのでしょうか?
だいたいなぜこの非常時に客が来ないんでしょうか?
過去の総理の首相動静をごらんになられましたか。検索すれば簡単に出てきますので、あまりの落差がわかると思います。
それにしても執務用の官邸にすら行っていないというのはあまりにも情けない。というか、今日の管総理ほど酷いのはなかなかあり得ないでしょう。

ちなみに電話会談等もやっていれば、記録に残るはずです。それとも情報公開出来ないようなことをしているから書けないだけなのでしょうか? どちらにせよため息のみです。

以下の記事によると、インターネット規制法案も閣議決定されたそうです。
http://www.news-postseven.com/archives/20110411_17219.html
誰も信用できなくなった管総理の怒りの矛先が国民に向いたといえるのかも知れません。20世紀の悲劇がまた一つ。
posted by アイナット at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

レベル7

政府および保安院は、今頃になって、チェルノブイリと同格で最高レベルの7ということを認めた。
ここ3週間に原因があるわけではない。3/15あたりのごくごく初期に起因するレベル7である。
今までがなぜかレベル5であり、あくまでスリーマイル島クラスだから安心という過小評価を続けてきたのは一体何だったのか。ちなみに当初はレベル4といっていた。残念ながら、政府に関して言えば、信じる者は救われることはない。あの首都圏に放射性物質が多く検出された時、政府は何も知らせなかったことを忘れてはならない。(あの日の前後、原発が爆発したあたりがレベル7の根拠なのに、今更認めてたのだ)

チェルノブイリになったのだと自覚すれば、いかに福島や茨城の農産物や魚産物が危険を孕んでいる可能性が高いかも理解できるだろう。これは風評被害でも何でもないのだ。風評被害があるとすれば、土壌や海がどれほど汚染されているかを適切に調査しようともせず(大気中の放射線ばかり調査している)、軽い検査と杜撰な基準(魚の暫定基準が何と野菜と同じ。野菜1キロ食べるのと魚1キロ食べることの差異すらも無視。三回検査を通れば安全認定。他町の牛乳と混ぜ混ぜして検査でOK)にも関わらず、安全安心、危険だというのは風評被害という風潮を作り上げている政府やマスコミにあるといえる。本当に安全なものすらもわからなくなってしまい、安値で出荷された福島や茨城産の農産物や魚類は加工食品や弁当の具材に化けることは間違いないと言っていいだろう。


・他町の牛乳と混ぜて検査して安全認定http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110409/dst11040900040000-n1.htm
・三回連続暫定基準値以下なら出荷停止解除http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110401k0000m040139000c.html
・魚の暫定基準値を安易に野菜と同じに!http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110405-OYT1T00724.htm?from=top


そしてなぜか放射性ヨウ素ばかり調査していたわけだが、海にジャブジャブ流していた中に、ストロンチウム90は混じっていないんだろうか?
3週間前のウォールストリートジャーナル日本版(http://jp.wsj.com/Japan/node_198389)によると、ストロンチウム90はカルシウムに擬装して、人間の骨に取り込まれるという。
本日の朝日新聞(http://www.asahi.com/national/update/0412/TKY201104120522.html)によると、土壌からは微量に検出されたというが、あの海に流していた莫大な放射性物質に含まれていないという保証はありそうにもない。(海の流れのシミュレーションもフランスがいち早く分析していたぐらいだ)

ワカメやらコンブやらを食する日本人は欧米人と違い普通のヨウ素を体内に大量に取り込んでいる状態となっているため、どうも放射性ヨウ素による甲状腺ガンのリスクは比較的には低くなると見られている。(甲状腺に既に普通のヨウ素が蓄積されているため、放射性ヨウ素が蓄積されにくい)。
しかしストロンチウム90に海産物が汚染されていたらと思うとぞっとするではないか。日本政府は安全と口でいうのではなく、適切な検査体制を整え、安全と危険の明確なラインをひくべきだ。
危険な農産物を出荷させてしまうことは避けねばならない。場合によっては生産者の生き甲斐を奪うような残酷な事実を突きつけねばならないが、それも政府の責務であり、代わりに相当の保証(別の土地で農漁業を営む保証や金銭補償)をしてあげなければならない。
posted by アイナット at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

投票率の低さは何なのか

投票率について、今回は地方議会選についてはまだマシな部類だったようだが、それでも低い水準となっている。
基本的に選挙に行かない人は国民の義務を果たしていない。
既に主権者としての権利も放棄している。そんなことが許されてしかるべきだろうか?

本来ならば、選出される議員たちは全員一致で選挙不参加者に対してペナルティを設けるべきだ。(年金減額とか、住民税増額とか)
むろん創価学会の公明党はもとより、組織票の比率が高い自民や民主にしてもそのようなことには賛成しがたいのは理解している。しかし民主主義の国家、政党を自認するのならば、そのような思惑を超越した決断をしていただきたいと思っている。


さて、本日統一地方選が行われた。我が大阪でも府議選と市議選が行われ、私もこの町で初めての投票所へ赴いた。どちらも政党別に統一しようかとも思ったが、やはり候補者個人の主張から鑑みて、統一は困難と判断し、票は分散させることにした。

東京では石原慎太郎が見事に当選、時折キチガイみたいなことを言ったり、間違いも犯す都知事ではあるし、既に高齢ではあるが、行動力や日本国や日本国民を愛する姿勢は本物であるだけに、関係ない選挙区ながらも注目していた。
早速パチンコと自販機の電力が無駄という点を上げており、まさに我が意を得たりだ。
(読売新聞記事http://www.yomiuri.co.jp/election/local/2011/news1/20110410-OYT1T00573.htm
そもそもパチンコは不透明な換金による脱税(所得隠し)の温床であるばかりか、国民を借金漬けにするリスクが高い危険な遊技だ。それに東京電力管内の使用電力は福島第一原子力発電所6基の合計をも上回っている。そもそも韓国ですら近年法律で禁止されるほどの悪名高い遊技となっていることを鑑みるべきだろう。

参考した他の方のブログ記事
http://d.hatena.ne.jp/naokura/20110322/1300806551

自動販売機についても使用電力ではパチンコとほぼ同等となっている。そもそも小売店舗が近場にある地域において自販機が果たして必要なのか、極めて疑問だ。特にコンビニなど24時間店舗が近くにあれば、自販機が存在しなくても問題はないはずだ。
むしろ消費活動においても害悪といえる。自販機からは必要なジュース等しか買われないが、小売店舗で買う場合は余分なものも買うといった消費活動が活性化されるケースも考えられる。むろん意思さえ強ければ必要な飲み物だけを購入するだろうから問題はないのであって、別に無駄使いを奨励しているわけでもないのだ。消費者心理の話に過ぎない。

これら自販機にせよパチンコにせよ、製造メーカーや労働者が存在していることも事実ではあるが、産業というものは時代の変遷と共に変わっていく。時代の流れを読んで他の道を模索するのも、縮小傾向にある産業界や人間の果たさねばならない道だと思っている。


さて、統一地方選はおおむね期待通りの結果になった。民主党、ことに管政権はこのボロ負けの重大さをちゃんと感じてくれるだろうか。
●北海道知事選:自民に敗北
●静岡市長選:別動部隊(減税日本)が自民に敗北
●東京都知事選:自民に敗北(推薦候補だけではなく、別動部隊の東国原も敗北)
●広島市長選:自民公明に敗北
●三重県知事選:自民みんなに敗北
○札幌市長選:民社国が自民に勝利

県議会選挙、政令市議会選挙でも、民主は自民に全敗です。しかも中選挙区では考えられないような大差が多数。

頼むから責任を感じてくれと願うばかりだ。
posted by アイナット at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

瀬名秀明のドラえもん小説

パラサイトイヴで有名な瀬名秀明の「小説版ドラえもんのび太の鉄人兵団」を読んだ。
理由は、原作には登場しないパーマン3号の星野スミレがそれ相当の役割で出てきて存在感を示しているという話を聞いたからだ。読んでみると、スミレ以外の部分も非常に原作に忠実でかつ原作では略されている内面描写にも踏み込んだものになっており非常に楽しめた。小学生向けとなっているが、内容的に絶対に藤子不二雄世代向けなのは間違いない。

感想は久々に更新した「読書記録」ブログに書いた。(基本探偵小説を対象にしたブログのため、かなり場違いな記事だが、やむを得まい。元々10%くらいは探偵小説ではないので)
http://ramponosekai.blog54.fc2.com/blog-entry-1159.html

posted by アイナット at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

コパアメリカの辞退?

南米大陸の国別王者決定戦のコパアメリカ。
今年夏の大会は日本が約十年ぶりにゲスト参加に呼ばれていただけに非常に楽しみにしていたのだが、此度の東日本大震災+原発事故によりJリーグの日程調整が付かず、辞退が濃厚となっている。

現時点では一度辞退を伝えたものの、南米側から再考のロスタイムを頂戴している状態だ。
好き嫌いはあるとは思うが、サッカーの日本代表は、去年から今年における数少ない期待の星、右肩上がりで強化されて世間的にも注目度が高い存在であるのは間違いない。(国難だからこそ、参加して欲しいという面もある。)

Jリーグも重要なのは言うまでもないし、現在の日程変更により中小のクラブは資金面で逼迫しているのも理解できるが、ここは代表とJリーグの同時進行という形に持って行けないだろうか。日本サッカー協会には多額の資金がプールされていることもあり、代表メンバーが選出されたクラブには金銭面で大きな見返りを与えることも可能だし、ホームで対戦相手となる中小クラブにも相応の見返りを与えれば何とかなるのではないだろうか。(これは対戦相手のスター選手が欠け営業面で不利になることによる損出補填だ)。

南米アルゼンチンで行われるコパアメリカの試合は深夜早朝3時頃〜朝9時頃にかけてに限られる。Jリーグの試合と類似する時間に行われることもないという点も決して悪い条件とはいえないはず。

日本サッカー協会には慎重に決断を下してもらいたい。願わくば、Jリーグクラブに最大の配慮をした上で、参加の方向となることを祈りたい。
posted by アイナット at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

隠蔽と大連立と

海外の放射性物質の飛散シミュレーターによると、明日以降、日本中に放射性物質が飛ぶ可能性が高まった。もはや決定的といっていい。

ただし現在、高レベル汚染水は海に果てしなく流れ続けているものの、大気中に大規模飛散させているという例はないため、実際には大した量は飛散しないと信じたい。
もちろん管政権が何かをやらかしたりしないという前提の話だ。

http://www.bousai.ne.jp/vis/index.phpを見る限りは、一週間前に比べるとひたちなか市や川崎市における放射線量も先週よりは半分ちかくになっている。単純に先月末の大規模飛散時の放射性ヨウ素が8日の半減期を迎えて半減していっているとも推測できそうだ。むろん半減期30年の放射性セシウム等の状況はどうなのかは知らないが、放射線測定器(ガイガーカウンタ)は一般人所持している人もいるため、管政権が好む隠蔽工作も結局は露見することになるので、空気中の放射線量という点では隠蔽しにくいといえるだろう)

もちろんジャブジャブ流し放題の海はといえば、警戒した方がいいと思っている。水俣病でも話題になった食物連鎖による生物濃縮が進まないと信じる理由が全く無い。

ところで前回紹介したドイツのシミュレーションだが、普通の素人が知っているくらいだからマスコミも知っているのは間違いなく、それでも管政権の隠蔽に荷担していたものと思われるが、今日になってようやく読売新聞が暴露した。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00603.htm?from=main3

それに対して、数時間後、枝野広報部長は「少なくとも隠す必要のない情報。誤解を生まない説明を付けて、公表すべきだった」と驚くべき回答をした。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00746.htm?from=main5
今後、公表する道筋すらも不明なのだが、果たしてどうするつもりなのだろうか?

それにしても極めて重大な事を隠蔽工作し国民を窮地に追いやるというのは管政権の得意技ということは尖閣諸島の不審船アタック事件の時に明からさまになっていた事実ではあったが、今回の日本はもちろんのこと、世界的にも及ぶ危機においても、全く変わることは無かった。
中心にいるのが仙石なのだろうが、民主党という組織の体質が国民の生命、国益よりも何か優先するものがあると言うことなのだろう。今のところ否定材料を見つけるのが難しい。

枝野広報部長の「少なくとも隠す必要のない情報」という言い回しにも引っかかりを覚える。「隠す必要のある情報」もたくさん持っているということが見え隠れしていそうで不気味きわまりない。いずれにせよ民主主義国家とは思えない。この管政権は一体どうなっているのだろうか。

ちなみにその政権トップの管総理であるが、4/3はとても暇そうだった。特に来客ゼロの午前中は一体何を考えていたのだろうか? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000021-jij-pol
国民に公開できない秘密をまた作っていたのか? それとも本当に何もしてないのか? 昼まで寝ていたのか? なんとも不可解な総理である。

日本史上最低の宰相は、鳩山由紀夫か、それとも管直人か。

鳩山由紀夫といえば、首相官邸のページに「いのちをまもりたい」で始まる施政方針演説の記録が残っていました。http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/statement/201001/29siseihousin.html
この人はなぜか地震前はウロチョロ胡散臭い活動をしていたと思っていたが、地震後はほとんど姿を見せていない。それでも表に出てきて意味不明で誰もが不愉快になる発言をされるよりはマシというのが何とも。母親名義で多額の募金でもすればまだ感心されるものを。

自民との大連立の話にもなっている。しかしいずれにせよ管総理のまま連立しても効果は薄い。この際、管だけ辞めるのもアンバランスなので、民主、自民両党のトップにダブルで辞任してもらって、一年限定で麻生首相が復活して欲しいものなのだが。原稿は管総理がもらっている原稿と同様にオールルビで対応すれば漢字間違いが嫌な人も我慢できるだろうし。まぁ無理に決まっているんだろうが、知名度が抜群に高い麻生ならば海外との信頼関係も深く、やりとりも非常にスムーズになるだろうな、とは思う。

管と仙石が閣外に去り、総理と官房長官が自民ならばの話になるが、民主で言えば復興大臣は地元なだけに小沢でもいいんじゃないのとは思うわけで。かつての自自公、自社さを思い起こせば、1年限定で呉越同舟するのが、日本国民にとっても、党勢が落ちる一方の民主党にとっても悪くない選択だとは思うのだが。
posted by アイナット at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。