2011年07月18日

なでしこJAPAN素晴らしすぎる

今日は祝日ながらも普通に出勤が必要だったものの、朝方4時半には起床し、後半からながら、米国との決勝戦を観戦した。

結果はまさにスペクタクルというしかないものだったのは言うまでも無いだろう。
圧倒的に押された展開ながら、点を取られてはギリギリに追いつきという展開を、90分と延長の二度にわたって繰り広げたのだから。

特に延長の澤のゴールはまさにアクロバティックというに相応しいスーパーゴール、残り時間も少なく相手の攻めが続く状態での起死回生のスーパーゴールだっただけにまさに興奮するしかなかった。

また終了間際のペナルティエリア外での岩清水のタックルには、日本サッカーの成長を見たような気がした。
もしあれが試合終了間際以外のタイミングだったとしたら最悪のプレーだし、終了間際であってもペナルティエリア内ならば、評価に値しないプレーだったかもしれない。しかし終了間際でかつペナルティエリアの外でのプレーということで、あのプレーを躊躇無く行えた選手には感嘆するしかない。
ああいうのは悪いプレーではなく、良いプレーなのだ。その判断が適切に行えたのは日本サッカーの成長の証と言えるんじゃないだろうか。

そしてその後のPK戦。PKは運、とはいえ、勝って優勝と負けて準優勝とでは全く感慨が異なってくる。結果は本当に嬉しいものだった。米国一番手を神懸かり的な足技で止めたのが相手に威圧感を与えたのではないかと思っている。

米国における女子サッカーは競技人口600万人以上の女子最大の人気スポーツ。はっきり言って日本の百倍以上の人気である。日本サッカー界も女子の一層の普及につとめ、この栄冠を継続的につなぎ止めて行ってくれることを期待したい。世界中で尊敬されるスポーツ選手の待遇が余りにも悪いのは情けないことだ。
いずれにせよMVPで得点王のサワホマレの名前は永遠に世界中の大多数の人たちの中に刻まれたことだろう。あまりにも凄まじいことで想像すらも許されなかったような偉大なる業績なのは間違いない。

いやはや去年の6月から一年ちょっと、日本サッカー界の際だつ活躍ぶりには驚かされっぱなしだったが、今回のW杯優勝は更にひと際違う素晴らしい歓喜だった。興奮しっぱなしだ。


posted by アイナット at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。