2013年09月24日

風たちぬ・・・

「風立ちぬ」を観に行った。
既に一ヶ月以上経っているためにガラガラと思ったのだが、意外にほぼ満員だった。
しかし内容は期待してもいなかったにもかかわらず、更に期待はずれというしかない。いや90年代以降の宮崎駿作品同様にやはり期待外れであったが、それでも容易な筋という点は良かったのかもしれない。

日本の高度経済成長の原動力が戦前の技術開発にあったことを知らしめた点は評価できる。これは戦後に発展した技術の源泉を示すものとして大いに知るべき点だからだ。

しかし一方でそれを描写する堀越二郎の飛行機開発の物語はほとんどの点で実写向きであり、アニメとしては不適切といえたのがミスマッチといえた。興味深くはあるのだが、決して楽しいシーンとは言い難いというのが矛盾している。

また本作でロマンス部といえる菜穂子との邂逅および恋愛パートだが、アニメとしてもこの部分が一番わかりやすく感銘を得られる部分だったが、これが一方で単なるオリジナルだ。
このことが意味するのはアニメや創作には必要かもしれないが、本作が堀越二郎伝描こうとしていた以上は、残念ながら完全に不要な部分であることを示している。このことは元になった同名小説とのキメラではあり、感動する作品とする上では必要なのかも知れないが、本質を失わせてしまう中途半端なものにしてしまった感はある。

かつてのイタリア王国の飛行家と絡む夢パートは夢なだけに自由度が高く、従来の宮崎駿世界が顔を出していた唯一の舞台とも言えたが、そのギャップが楽しめた。大きな技術開発にも夢は必要だということは確かに重要だ。
この夢にジブリの原点を示唆しているように、見果てぬ夢こそが宮崎駿の作り上げた世界全てに共通していることであるのは間違いあるまい。


posted by アイナット at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

有象無象

かなり恥である。

有象無象

これを今まで「ゆうしょうむしょう」と読んでいた。滅多に使わないならともかく、年に数度は口に出す言葉であり、聞いた人は意味不明であっただろうが、勘のいい人ならば失笑に違いないだろう。

まったく正しいと思いこんでいたことが恥。
posted by アイナット at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

itunes

先月の代々木第一体育館でのガールズファクトリーで観た小南泰葉、SCANDAL、miwaの曲を、その時聞いた曲を中心に20曲ほどitunesで購入。アーバンギャルドは申し訳ない。

世界が少しだけ広く感じるようになりますな。
posted by アイナット at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

背広を買う

たぶん5年ぶりくらいに背広を買った。こういうのは金がある内に買わないと大変なことになりかねない。

それにしても相変わらず紳士服店はよくわからん価格設定で、2着目1000円って何じゃそれって思ってしまう。しかも1000円と説明していながら、実は49000円引という。
店員は高いものとの値段差の理由を素材の質の違いから説明するのだが、このようなおかしな割引で売っていたら、いまいち説得力に欠けるではないか。

いずれにせよ、結局2着買ってしまうのだった。
posted by アイナット at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルンミュンヘン VS CSKAモスクワのUEFAチャンピオンズリーグを観るためにろくに寝ずに早起きしようとした際に、なぜか悪夢で勝手に起きてしまった。

起きるに至るときは、大砲の弾のような大きな玉が目の前で爆発して死亡間違い無しという情景。手の甲が痛い。
posted by アイナット at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BD版の中野

DVDで3度ほど観ているが、3ヵ月前のBD化で手に入れていたあかりん引退の「2011.4.10中野サンプラザ大会」を観た。相変わらず感動してしまうのが凄い。

これも全てももクロChan第一弾だけでも、あかりんがいた頃のももクロの様子を実際に知ることができたのが大きいと思う。さすがにユースト24時間でも紹介されていたような短い単発の映像だけでは、昨年末の紅白といい、本作といい、これほどの感動はしなかっただろう。
posted by アイナット at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

わかやま

徳島、岡山、福岡、松山、別府は外れたが、和歌山に当選。
日産に外れた絶望は救われた。

そういえば隣県に行くのはいつぶりだろう。ヤバイ思い出せないと思いつつ、職場が兵庫県内だった半年前以後も、西宮ガーデンズには1回は行ったような気はする。
全く関係はないが三宮は5年以上行っていないかもしれない。
posted by アイナット at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リーガルハイ

今月で半沢直樹の楽しみも終わるが、来月からはリーガルハイの続編がある。

フジテレビは嫌いなテレビ局だが、この半沢ブームに乗った時期にリーガルハイの前作を再放送しないのは愚の骨頂、番宣で半沢ネタをやりつつリーガルハイ続編をどんどんアピールすべきなのは間違いない。
posted by アイナット at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

電話復活と

だいぶ前の前回記事で全てのボタンが効かなくなっていた卓上電話が何かは全く不明だが、復活していた。
熱で内部部品が壊れていたのが涼しくなって復活したのだろうか・・・? 意味がわからん。

スマホがバカみたいに何度も再起動を繰り返すようになったため、色だけで買い換えた。
posted by アイナット at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。