2014年03月31日

年度末

いよいよ明日から消費税8%、景気が悪くならないことだけを祈ります。

3/29のできごとを羅列しておこう。
昼間はチームしゃちほこでZEPPなんば。知らない曲ばかりだったが楽しかった。
その足で夕方からの会社飲み会。まぁ楽しかった。疲れで眠かったが。
22時からはCSでこの間のZEPP東京セーラームーンイベントを視聴、そして0時から朝5時まではNHKの生さだまさし。ももクロちゃん目当てで5時まで起きているのは辛かったが、その分良いものを観れて楽しめた。

3/30はそれでも10時くらいに起床。夜は藤井を視聴しつつ、昼はミサンガをせっせと作っていた^w^


posted by アイナット at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

食物連鎖

シラスと桜エビを食べて人間が生物の頂点にいる事実を思い起こし、あらためて地球に感謝しなければと思った。
posted by アイナット at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

大阪市長選2

近い将来、確実に訪れる死を避けるために現状打破にがんばっている日本維新の会の改革案に対して、
対案を出すわけもなく選挙を有名無実化することで、ただ現状維持を望む自民公明民主共産の大阪の既成政党。

しかし大阪市民が選んだのは現状維持だったということだ。
近い将来の死よりも、市民は自分の寿命が短いから、現状維持を選ぶのだろう。今回の選挙同様民主主義は死ぬ寸前に思える。古代民主主義の死とはプロセスこそ違えど、にてるのかもしれない
posted by アイナット at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪市長選

大阪市長選挙の得票率の低さは嘆かわしい。
というか民主主義を否定してしまった既成政党の意味は一体なんなのだろう。橋下のやり方自体は褒められたものではないが、既成政党は政党の体を捨ててしまった。
posted by アイナット at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あべのハルカス

あべのキューズモールでたこやきレインボーをフラッと観覧したときに、あべのハルカスをはじめて眺めることが出来た。天王寺は滅多に来ないからね。

天王寺の表と裏の落差は凄まじい。昭和と現在へのタイムスリップが瞬く間に出来てしまうという何とも奇妙な味。
posted by アイナット at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

2014/03/15

ももクロのライブに国立競技場に参戦してきた。
今までのライブを上回る最高ライブだった。有安杏果生誕祭でもあり、国立で祝えた、Happy BirthDay To Youもえた。
とにかく泣けた。感動。生涯史に残るに違いない最高の一日だった。なんという幸福だったことか。

シングルヒストリーを追うセトリも最高であり、13曲目には5月発売の中島みゆき作詞作曲の新曲「泣いてもいいんだよ」。まさに中島みゆきという良い曲だったので、早く音源で聴きたい。
映画「偉大なるしゅららぼん」主題歌の「堂々平和宣言」も難しいラップ調の曲ながらも美事に歌い上げてくれた。

この日の席がセンターステージの近くだったのも恐いくらいの幸福なことだった。
聖火台から降りてきてメインステージへ向かう途中、3曲目の「怪盗少女」を皮切りに、DNA狂詩曲、そしてChai Maxx後半〜杏果生誕イベント〜ワーズ
視界さえ確保できれば表情が見える距離。そこで全力でHappy BirthDay To Youを歌う。コールする。とにかく信じられないような至福。
アンコールも全力だった。恐いぐらいの幸せ。

夜は杏果生誕を祝う感想会に参加させてもらって、この映像で感涙したり、夜中の2時まで楽しく笑って、浅草のホテルまで4900円。これまた楽しかった。


そういえば、全然ジャンルは違うが、いわゆるオフ会自体が、12年ぶりくらいだった。が、やはり私はネットがないと生きていけないのだろうね。
12年の空白がもったいないくらいに楽しめた。

16日は15時頃に大阪に帰り着いて17時からのLVで楽しむ。声は届かないが、アップが観れるのでLVはLVの楽しみはある。
最後の挨拶には感涙しかなかった。ももクロを、親子のような感覚でもって、この先何が起ころうとも、永遠に応援し続けると改めて誓う。

それにつけても、ももクロちゃんを知って毎日が楽しくて仕方が無い。この12年はなんだったのかと思うほどに、
笑顔と元気、パワーをもらって、なんて幸福なんだ。
SMAP、嵐、ドリフのように永遠のスターになってほしい。それは永遠に幸福が続くということだ。一生推し続ける宣言ですな。

posted by アイナット at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

偉大なるしゅららぼん

スターダスト関係者が多数出ていることもあり、3/8の映画「偉大なるしゅららぼん」を観に行く。
琵琶湖周辺だけ有効という超能力一族を描いたもので、内容は笑える映画だった。主役よりも目立つ人が多すぎるぐらい変な登場人物、そして演技が魅力的、
最終的に平和にはなったが、ライバル家の活躍とは裏腹に主人公側はトクしかしていないような。
そして最後はももクロの「堂々平和宣言」という難しい曲で〆
posted by アイナット at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

名古屋

3/9は名古屋へ行った。
なんと初名古屋である。正確に言えば大学一回生のクラブ合宿の時に、松本行きのバスに乗り換える時以来に、名古屋の地面をふんだ

とはいえ名古屋では吹上の公園の行列に並んだこと以外には、山本屋本店名古屋駅前店で、かしわ入り味噌煮込みうどんを食べたことしかないというのは苦笑といったところか。滞在時間はたったの6時間で大半は行列なのだから。

高速バスが往復4500円という安さだったので、新幹線や近鉄特急ではなく、高速バスにしたのだが、やはり新幹線とかと違って利用可能時間が限定されすぎるのが玉に瑕だ。
今度からは行きは新幹線、帰りは近鉄急行か特急にしようと心に誓うのだったというオチ
posted by アイナット at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

ATOK2014

ATOKは未だに2006だった。一太郎も2006だった。Shurikenだけ2008だった。
いずれにせよ、全部Windows7でも使ってたけど、実は対応は謳われていないバージョンだった。

さすがに最近の言葉が変換できないので、ATOK2014を購入。
ATOK2014を買おうとしたもののバージョンアップ版が変えなかったので、やはり結局はATOK付きの一太郎2014徹プレミアムを買うことに。JUST MY SHOPを久々に利用しましたよ。

実は株を持っている企業の商品を買うのは非常に珍しい。ジャストシステムぐらいなものだ。
posted by アイナット at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZEPP東京のセーラームーンイベント(2014/02/27)

MTVからの招待葉書が当選して参戦しました。
シダックスのカラオケ経由は1000組くらいの当選でしたが、こちらのMTVは430組しか当選しないというラッキーぶり。
セーラームーンイベントの葉書2.JPG

実は2月末締め切りの労働の影響で参戦は諦めていたのです。実際に25日の時点で無理だと判明しておりました。が、前日の26日に労働の状況が一変し、行ける状況に変わったのです。
お陰で26日は会社飲み会、同行者探すためのモノノフバー、と珍しく軽い酒を三杯も飲んでフラフラでした。私にしては珍しく、終始異常に機嫌が良かったのもいうまでもありませんでした(笑
(結局、同行者はツイッターでお馴染みの東京の学生さんになりました)

ZEPP東京はライブハウスで、オールスタンディング。初めての体験です。
整理番号も後の方なので、たぶん最後方あたりで、背の低い私は観るのも辛いから、二階の方がマシかもしれんなーと思っていたのです。パワーもスタミナも全く標準以下もいいところですからね。

ところが入場してビックリ。杏果側の下手の最前ブロック(後方)が普通に空いてます。これはその時は意外に思いつつ、その時点で興奮状態です。
今から考えると、ももクロやしょこたんなど出演者の熱狂的ファンとは言い切れない何となく応募して当選した人も多かったからなのでしょう。ちなみに最前ブロックは9割がモノノフ(ももクロファン)だったと思います。

1番手の福原遙、正直名前くらいしか知りません。NHK教育テレビで有名な子役タレントだった子です。
それでも前の人が邪魔で視界不良もあるなかで、中央ステージの福原遙の可愛い表情まで余裕で見えることを確認して、ももクロが待ち遠しくなります。もちろん普通に盛り上がります。

2番手の中川翔子(しょこたん)はかなり有名ですが、特にファンではありません。
セーラームーン好きを語る口調は、今回の出演者の中で圧倒的なファンであることは明白でした。ちなみに私は中学生ぐらいにセーラームーンやってましたが、全く興味ゼロで、その後もももクロがセーラームーンしない限りは興味ゼロのままで申し訳ないかぎりです。(それでも今回のアルバムは買ったので許してください)
ステージを駆け回ったしょこたんにて、下手に来たときの見易さも確認できました。セーラームーンアルバムに入った曲などで、これまたかなり盛り上がりました。(間違えて男の子イエーイ、女の子イエーイで、両方やってしまって気まずかったのは痛恨の失敗でしたw)

3番手は堀江美都子。名前も顔も知らなかったですけど、かわいい恰好で普通にかわいかったのですが、アニソン界の大御所です。「キャンディ・キャンディ」「花の子ルンルン」「ひみつのアッコちゃん」「サザエさんのうた」「ボルテスV」など私よりも少し上の世代が大喜びしそうな歌を披露してくれました。再放送で知っているわけですがから普通に盛り上がりました。

そしてついに登場、ももいろクローバーZです。ちなみにそれまでに自然と少しずつ前に進出していました。
前の人の頭が邪魔で視界的な見にくさもあるなか、ステージ下手側なので杏果とあーりんが表情まで本当によく見えます(あーりんは怪我中なのでダンス中に下手に寄って客を盛り上げるので本当によく見えるポジションだった)。相互に手を振ったら手を振りかえしてくれる。微笑んだら微笑みかえしてくれるというような、心地よい錯覚? それとも実際? を感じるほどです。これまで味わったことのない感激というしかないでしょう。これほどの幸福はありません。
「ムーンライト伝説」「猛烈宇宙交響曲第七楽章 無限の愛」「Believe」「ピンキージョーンズ」「タキシードミラージュ」とセーラームーンアルバムの曲を前後にして、その間に他のアニメで使われた盛り上がり曲をみせてくれました。ずっと興奮状態。そして叫びます。楽しすぎて運が良すぎてちょっと恐くなりました(笑)

詳しくはナタリーの記事で。

にしても、めざましテレビやらエンタメニュースになっていたみたいですが、そのほとんどを観れず、下手したら映っているかもしれないというのに(笑)

いい年して恥ずかしいと言われることもありますが、いいじゃないですか、何かに熱中するというのは素晴らしいことです。世界が飛躍的に広がります。それにパチンコとか競馬とかに熱中するよりは健全かと。言うてもお金もそれほどは使いません(他につかわないせいで、今でも常時黒字に変わりなし)。

で、翌日は4時半に起きて始発で出勤しましたとさ。これはいつものことですが、いつもと違い、会社のおみやげも買いました

江東区のZEPP東京です。りんかい線の東京テレポート駅やゆりかもめの青海駅が最寄り駅。お台場のフジテレビがかなり近い。
posted by アイナット at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。