2014年10月12日

マッサン、すべてがFになる

早見あかり目当てだけで、生まれて初めて朝の連続テレビ小説を毎日見てる。
もっとも二週目からの大阪編では出番はなくなってしまったわけだが、またきっと出ることを期待して見続けたい。というか話も面白いので、今更止められないが。
第1話冒頭の北海道余市町の式典で出てきたスーパーエリーは、つまり現実におけるスーパーニッカということなのだろう。ウイスキーファンにはたまらないが、朝からは逆にキツイのかもしれないが

その早見あかり、フジテレビの夜の秋ドラマ、「すべてがFになる」でも真賀多四季女史を演じることになる。森博嗣の10年以上前のミステリ作品が原作になるのだが、これまた楽しみというしかないだろう
posted by アイナット at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイックジャパン

有安杏果全力特集号、これは涙無くして読めないし、ざっくばらんでもある。これは読むべし
posted by アイナット at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルパン三世

完璧に記事に残すのを忘れていたけど、小栗旬の実写版ルパン三世は公開一週間後くらいに観に行った。

総じて言えば、これはアリだと思った。日本テレビのアニメ版の音楽が使えないというのは逆に実写版が原作漫画、アニメ版に続く、第三のルパン三世となる意味では良かったと思う。小栗らメインキャストたちもルパンたちになりきれていたという感想。

問題点があるとすれば、ルパンが全然活躍せず、ルパンらしさは伝わっても、ルパンの凄さというものが伝わらなかったところだろうか。どうにも海外俳優が目立ちすぎたし、銭形などはよく活躍していたのに比べると物足りない。また五右衛門は完全にギャグキャラだった。これはファンは怒るかもしれない。
posted by アイナット at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレ朝ドリフェス

10/11は渋谷区代々木第一体育館のテレビ朝日ドリームフェスティバルに参戦。顔見知りの知人にチケットを定価で譲ってもらったことから急遽参戦

もちろんももクロ目当てだが、初めて生で見るゆず、スキマスイッチ、木村カエラらにも盛り上がったし、
BEGINのブラックユーモアなMCや曲に魅了された。セカオワはファンが熱かった。
しかし何よりトリのももクロが熱量はハンパなかった。これは次元が違う。

宿の都合で町田市に泊まっていた。町田は夜中も賑やかで、朝も活気があるという何とも魅力的な町になっていた。正直目を見張るばかりだった。数年前に石原都知事が西の歌舞伎町と言われるほどの規模になっていた風俗店を摘発して治安もよくなっているらしいが、こうなると町田のますます栄え賑わうかもしれない。

で、10/12。台風の影響で10/13の予定も延期になったことから、昼過ぎまで観光することにした。
しかしどうもイマイチ行きたいところもない。今から東京に戻ってももクロ聖地巡りもあれだから、それで選定したが谷中安規特別展をやっていた町田市立国際版画美術館、そして一寸遠かったが、一遍上人で知られる相模原市原当麻の無量光寺。この二つに行ったのだった
posted by アイナット at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ももクロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。