2015年05月18日

維新の会の終焉

反対がわずかに上回って都構想は頓挫した。

大阪市民として、この結果自体も残念だが、もっとも極めつけに残念なことは、この結果を老人だけが決めてしまったということ。20代〜60代が束になっても70代以上に勝てなかったというのはあまりにも痛々しい。というか心理的ダメージが大きすぎる。

年齢構成が▽システムと化した民主主義がいかに機能しないかを如実に示してしまった。
ジワジワと死ぬことを選んだわけだ。そのジワジワの間に寿命が尽きる人たちによって。

常識的に考えて、夢も希望もなくなってしまった以上は、大阪市からは特に選挙に行くようなマジメな若者は去って行く可能性、そもそも住もうと思わない可能性は高くなると思われる。とりあえず市外へだろうが、次のステップでは東京というのも目に見えてる。

朝日新聞記事「20・30代は6割賛成 都構想 朝日・ABC出口調査」(2015年5月17日22時59分)http://www.asahi.com/articles/ASH5J7X87H5JPTIL01M.html?iref=comtop_pickup_01

年代別にみると、とくに賛成した人が多かったのは20代(61%)と30代(65%)。40代(59%)、50代(54%)、60代(52%)も賛成が過半数を占めた。一方、70歳以上は反対が61%で賛成を上回った。


その東京といえども影響は避けられない。単純に考えても維新の党という国政第三極の行く末はどうなるのだろうか?
posted by アイナット at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする