2011年04月10日

瀬名秀明のドラえもん小説

パラサイトイヴで有名な瀬名秀明の「小説版ドラえもんのび太の鉄人兵団」を読んだ。
理由は、原作には登場しないパーマン3号の星野スミレがそれ相当の役割で出てきて存在感を示しているという話を聞いたからだ。読んでみると、スミレ以外の部分も非常に原作に忠実でかつ原作では略されている内面描写にも踏み込んだものになっており非常に楽しめた。小学生向けとなっているが、内容的に絶対に藤子不二雄世代向けなのは間違いない。

感想は久々に更新した「読書記録」ブログに書いた。(基本探偵小説を対象にしたブログのため、かなり場違いな記事だが、やむを得まい。元々10%くらいは探偵小説ではないので)
http://ramponosekai.blog54.fc2.com/blog-entry-1159.html



posted by アイナット at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。