2011年09月03日

恐るべき北朝鮮

W杯三次予選、第一節の北朝鮮戦は白熱した展開だった。
北朝鮮のGKが大当たりでスーパーセーブ連発、最後辛くもゴールが決まった時がガッツポーズをするしかなかったほどだ。

清武、ハーフナー・マイクの起用は大正解。特にハーフナーなんて急遽合流したぐらいだったが、足技も含めて効果的なプレーを頻発させていた。李からレギュラーを奪う可能性が高いと思わせるできだった。ちなみに清武は前回の韓国戦に続き、余裕で合格。後述の柏木と岡崎が酷い出来だったので、次回はレギュラーかもしれない、。

おなじみ組では長谷部の良さが光った。クラブでは右サイドを務めるだけに突破力も発揮し、決定的な場面を何度も演出していた。守備陣の吉田、今野も素晴らしい守備を見せた。吉田は最後のゴールで更に箔が付いた形だ。

それに対して、目立って悪い出来だった選手達もいる。筆頭が内田だろう。あまりにクロスの精度が悪すぎた。いつものことだが、代表と内田は水が合わないのかもしれない。
次に岡崎、惜しいシュートシーンは目立つように見えるが、今日の試合では全体の連動性からは消えている場面多し。
そして何よりも柏木。ひ弱な10番タイプでキープ力が決定的になさ過ぎる。本田圭祐の代役には全くならなかった。二度と代表に呼ばれない可能性すらあるかもしれない。




先日から五輪予選が始まっている女子代表にも触れておこう。
宮間がいないと、どうにもならないことを露呈してしまった感がある。宮間と澤だけ明らかに他の選手とレベルが違う。この点は相手チームにもバレバレだと思うので、厳しいマークによる怪我には注意して欲しいところだ。


posted by アイナット at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。