2012年05月19日

壁虎の話

福岡の実家ではヤモリを頻繁に目にする。触るとカエルみたいな感触で何とも気持ち良い部類の感触で、顔もなかなか愛嬌のある憎めない蜥蜴ではある。

そのヤモリ、福岡ではカベコと呼ばれている。少なくとも実家近くではヤモリという名前をほとんど聞いたことがない。固有名詞カベコというわけだ。

で、カベコとは方言なのか、気になったのでググってみたのだが、まずほとんどヒットしなかった。この時点でこれはローカルすぎる呼び方なのでは? と疑問になってきた。

しかし幸いにも回答に繋がるサイトを発見した。
http://www.ne.jp/asahi/goto/home/shikido/yamori.html
確信的な部分を引用すると、以下の通り。ということで筑前地方の方言というらしい。
漢語におけるもう一つのヤモリの別称壁虎[bi hu]という言葉が、
大陸文化の入口、筑前福岡の方言壁虎[カベコ]として残っていることはこれを裏付けるものでしょう。


それにしても漢字で壁虎は予想外だった。そしてなぜ虎なのだろうか。勇猛果敢なイメージがある虎とは結びつかず、なかなかそのセンスが理解出来そうにない。

ただこの壁虎でググると、中国版(繁体字が多用されているので台湾版か?)のwikipediaがヒットしたので、間違いないのだろう。
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%81%E8%99%8E

ただ日本の辞書サイトもヒットして、ヘキコというルビが? こう呼ぶ人もいるということなのだろうか。疑問は尽きることを知らない。


posted by アイナット at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。