2013年08月11日

EX-IC

山陽東海道新幹線を使う機会は多いが、今までEX-ICを使ったことは無かった。

なぜならば新大阪から地元の博多に行く場合は、明らかにE特急券+往復割引適用の乗車券の方が遙かに安いからだ。EX早得すらもだ。600キロオーバーに使える往復割引乗車券はそれだけ効果的だということ。

しかし大阪〜東京の場合は往復割引が効かないためもあって、値段はほぼ互角。EX早得ならば圧倒的に有利ですらある。
また2月、4月、5月に思い知ったことだが、JR東海のエクスプレス端末がなかなか見つからない。(これは実際は博多駅でも同じなのだが、こちらは慣れ親しんでいるだけに迷うことはないというだけの個人的感想ではあるかもしれない)これでは発券することが出来ない。つまりE特急券では便利が悪いのだ。

それに引き替え、今月利用したEX-ICの場合は特急券の発券は不要だから、全くその心配は要らない。しかもイコカに数千円を貯め込んでいれば東京都内の在来線移動も含めて、券売機も世話になることもない。つまりEX-ICは東京方面に限れば、値段面でも互角といえ、利便性では凌駕する。これならば次回からはJR東海を使う時はEX-ICを使うことは間違いないだろう。


posted by アイナット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。