2013年11月18日

ゲンクでの日本代表オランダ戦

土曜日の試合は勝てる試合を引き分けてしまったという残念な結果だった。
とはいえ、一ヶ月前に欧州最終予選弱小レベルだったベラルーシにすら負けてることを考えると贅沢な話ではある。

また収穫も多かった。大迫勇也が強豪相手でも半端無いことを示したこと、そして山口蛍がボランチとして長谷部、遠藤に代わりうる可能性を示したこと。
明後日早朝のベルギー戦には期待しよう。大迫、山口の更なる活躍と、内田、長谷部、岡崎、柿谷らには発憤を期待する。


posted by アイナット at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。