2012年11月01日

インテル戦のために早起きしたら2

結局、インテルは逆転勝利。しかも長友も後半の早い時間に登場して、
結果的に決勝点になったグアリンの得点の起点、これこそ起点といえるような活躍(左サイドの自陣のライン際ギリギリで粘った後に敵陣の奥深くまで攻め込むアシストのアシスト)をするなどの見せ場を作ってくれた。いや〜楽しめました。


posted by アイナット at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル戦のために早起きしたら

早くも11月になりました。
たぶん先月末だったのでしょうがサマータイム終了のお陰で、インテルの試合の時間が3時半〜5時半から、4時半〜6時半になり、格段に見やすくなりました。

で、早起きしてみたら、長友ベンチなうえに、サンプドリアに先制点を奪われる始末です。とはいえ今年はスクデッド目指して欲しいから勝って欲しいものです。。
posted by アイナット at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

フランス戦

本田、岡崎、前田抜きで、パリ郊外のサンドニの地でフランスに勝ちましたよ。
長友が異常に凄すぎる。客観的に世界最高SBといっても過言ではないのは?
そして香川の決定力。インテルとマンチェスターU、なぜ所属しているのか証明するかのように。

今野と遠藤も素晴らしかった。なぜガンバは残留争いの最前線なのか、これは不思議だった。
清武、乾、そして香川、元セレッソ組の攻撃陣も素晴らしい。川島もMOM級。
長谷部はさようならに王手飛車取りぐらいの状況か。ハーフナーも頂けない。代わりがいるだけにこの二人には次はないのかも。

次はポーランドという中立地でブラジル戦。正直十分に勝てる相手に思えるのが今の日本の凄いところ。ただ本田は復帰して欲しい。中国に8−0、イラクに6−0のブラジルの鼻を折って差し上げるべきかと。
posted by アイナット at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

清武ニュルンベルク

ももクロの再放送だけが目的で、今月限定でフジのCSに加入したため、
ついでながら清武ニュルンベルクVSドルトムントの試合を視聴。

清武の巧さが際だった。香川とは違いゴールを決めるプレーヤーではないが、
ドイツにおいても、ドルトムントの同じような年齢で同じようなポジションのドイツ代表選手より巧いようにしか見えないところがさすが。

フジについては、乾VS宇佐美の試合を放送しないのはさすがにどういうことなのか。
そういえば、関西プレーヤーが目立つので調べてみると、
香川(最終J所属はC大阪。神戸市出身)
本田(最終J所属は名古屋。大阪府摂津市出身)
宇佐美(最終J所属はG大阪。京都府長岡京市出身)
乾(最終J所属はC大阪。滋賀県近江八幡市出身)
清武(最終J所属はC大阪。大分市出身)
岡崎(最終J所属は清水。兵庫県宝塚市出身)

実に欧州で活躍する日本を代表する攻撃的MFに近畿人の多いことよ。清武は九州人だが大分→C大阪だしね。あと遠藤も鹿児島人だが、横浜F→京都→G大阪だったはず。ちなみに長谷部だけは近畿には関係ないもよう。
posted by アイナット at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

香川のマンU開幕

何度も言っているが、0時半帰宅して、夜2時に寝て、4時〜6時の香川のManchesterUnitedのリーグデビュー戦を見る。
というのはさすがに辛いものがある。ということで後半から視聴で5時起きというのが現実的なところだった。
で、マンUみごとな弱さでエヴァートンに敗北。トップ下の香川自身は惜しいチャンスも複数あっただけに悪くは無かったような気がしたが、チームとして悪すぎた。
あと気になったのがイングランドのフィジカルサッカーに苦労してそうな感があったのが今後気になる

ちなみに月曜早朝も実は5時に起きている。どう勘違いしたのかわからないがインテルの開幕戦があると思いこんでいたのだ。このときのガッカリ感といったらもう。

とにかく4時間は寝ないと辛いのは相変わらずだ。
posted by アイナット at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

負けた。たこ焼き高くね?

朝3時まで起きていて、ロスタイムにだめ押し弾を決められてしまうのは非常に悲しい。
最後まで見ずにバタンキューしてしまった。1時〜3時というのが一番辛い。いや2時〜4時の方が辛いか・・・。
せめて4時〜6時にしてくれればいいものを。

で、3位決定戦の相手は韓国という。ハッキリ言ってしまえば、どうでもいい注目度が大幅に下がってしまった。異常な熱意でもって絡みたがる国内外のメディアが非常に迷惑だし、ともかく勝敗よりも怪我だけはするなよ、と。


それとたこ焼きの話。7個350円、異常に高くないかい。普通10個300円以下じゃないのか。いや大きさなどがあるにせよ、たこ焼きは20年前よりも絶対に高くなってる気がする。不思議な話だ。他の食物は安くなっているのに、輸入食材ばかりで構成されるたこ焼きがなぜ値上げしているのだろう? タコの値段が上がっているとでも言うのだろうか?

posted by アイナット at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

準決勝

相変わらず0時半帰宅が続いていますとも。
さすがに昨日のなでしこ準決勝は見る気力なく、ダウン。
それでも1点目は見届けた。しかも爆睡したつもりが3時過ぎに目が覚めて勝利を確認してしまった。

今日はさすがに見たい。日本が決勝へ駆け上がるところを。
posted by アイナット at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

日本VSエジプト

五輪サッカーとはいえ、日本代表が完全にサッカー強豪です。
女子と揃ってベスト4は唯一。

今回は永井や東の怪我が心配されるものの、相手の自滅もあって、まるで寄せ付けない快勝でした。
宇佐美が色々な意味で気になりますし、斎藤が微妙という点が気になりますが、次のメキシコorセネガル相手でも普通にやれば恐るる相手では無い(少なくとも格上ではない)ように思えます。

なんなんだろう。これは。4年前とはまるで違う。基本を積み重ね、国内リーグの整備、国内の育成システム、国内外の選手の融合、これら20年の結晶がこうも成果を出すなんて、凄すぎるだろ、ニッポン。
20年前のサッカー三流国が、いつの間に一流国に入ってきた。明治維新を思い出す。短期間で世界のビック5に入るようになった。あの100年前を。
日本という国は弱小から最強豪クラスになるのは得意なのかもしれない。なぜなら学ぶ対象があるから。既存強豪の通ってきた道を日本風にアレンジしつつ辿ることで既存強豪をも圧倒してしまうという方法論。しかし一度自分が強豪になってしまうと、学ぶ対象がなくなってしまう。そうなると行き詰まる。それは新しいものをゼロから作り出す独創性が欠けていたり、過去のやり方に対する執着がそうさせるのかもしれない。
この点は脱皮を目指すべき点なのだろう。いやかなり話がズレてしまった。

とにかく五輪サッカー、もう銅を目指せとは言わない。金色が十分狙える力がある。もはや奇跡とは言わないだろう。準決勝での勝利を直近の目標にしつつも、最終的には男女揃っての金。とにかく目指すところは一つでいいはずだ。進んできた道が正しいと思える時ほど、嬉しいものはないはずだ。日本サッカー界の20年は正しかった。それを世界に、日本自身に認めさせる時が来たのだ。日本は世界の優等生、その誇りを胸に
posted by アイナット at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

五輪サッカー

実はあまり期待していなかった男子だが、モロッコも見事に倒して、なんと決勝トーナメントに楽々進出決定。初戦のスペイン戦は22時半〜0時半という試合時間にもかかわらず、終電帰りだったせいで全く見れなかったが、今朝の試合は見た。まぁ今朝というよりは未明だが。とにかくこれは強い。
posted by アイナット at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

ユーロ2012決勝

4時前に起きて観たが、序盤の決定力の差がそのまま大差に表れてしまった形。
やはりスター選手揃いのスペインが、地味な選手揃いのイタリアに対して優勢だったというところなのだろうか。イタリア応援していた身としては残念なこと。

それにしてもスペインはユーロ2008、W杯2010、ユーロ2012とメジャーなビックタイトルを3連覇。飛ぶ鳥をも落とす勢いとはこのことだろうか。チャビが経年劣化しつつあるため、2014ブラジルW杯は戦力的には落ちるとは思うが、イニエスタは全盛期のただ中だろうし、ムニアインなど若手も大量に湧いてきている。まだまだ十二分に脅威と言えそうだ。むしろ本国開催なのに弱そうなブラジルこそ大丈夫か。経済は全く正反対だが。

posted by アイナット at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

イタリアVSドイツ

睡眠時間3時間+電車の往復分というのはさすがに辛い。

あまりに酷使すると過労死するので注意が必要だ。
10年前かな。職場の隣の席のおっさん、いや今の私とは10っも変わらんのかもしれんおっさんが持病の心臓病で死亡し、結構精神的ダメージを受けたことを思い出したのは、最近、関わっている他社の30歳代の人が脳動脈瘤か何かで死亡したという話を聞いたからなのだった。(亡くなった方自体は全く知らない人)

それはともかく、後半しか見ていないがイタリアVSドイツは面白い試合だった。結果イタリア勝利で、ユーロ2012も残すところは決勝戦のみとなった。これでようやく睡眠時間4時間は確保出来るに違いない。死ぬほど働くのはあまりにも不幸なので、まぁ適度に働くべきだろう。アイデンティティの趣味で死ぬならともかく、単なる労働に命を削ってまでやる価値はないのだから。
posted by アイナット at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

豪州戦、なんだあの審判は

ええ、全てを投げ出して無理矢理定時過ぎに帰りましたとも。かなり久々の定時帰りです。社用を除けば3ヵ月ぶりか? それでも豪州戦の前半30分くらいに帰宅。

本田の圧倒的な凄さ。香川と長友のテクニックはさすが。この3人で多くのチャンスを演出していた。

一方で遠藤の駄目さ加減、二度以上度フリーでパスを選択した愚か者です。ボランチでは長谷部の出来も散々だっただけにいい加減細貝とレギュラー交代も視野に入れるべきかもしれない。

内田は意味不明なPK取られる不運、シュートは相変わらず下手すぎる。しかし変わった酒井の出来映えが酷かったので、逆に内田の重要性が際だつことに。

栗原は意味不明なイエロー二枚で退場させられたものの守備と攻撃両方で合格点。ベストを考えると吉田と栗原でいいような気がする。今野はボール奪取能力は高いが世界と戦うには身長的にちょっと苦しい。本当は闘莉王が代表復帰すべきなのだが、なぜか選ばないザッケローニ。次の9月のイラク戦は今野、栗原が出場停止だからどうするのか? 吉田も怪我が回復している保証はないが。

前田、岡崎はまぁまぁの出来映え。前田は大型CFという層の薄いポジションにあっては無くてはならない選手だし、岡崎はシュートが枠に飛ばないという昔の日本代表病っぽいところが気になるものの、遠藤ら昔の日本代表病の重病患者とは異なりシュート自体はよく打つし、運動量もあふれているのが素晴らしい。

川島は素晴らしかったの一言。

で、試合をぶちこわしたのはサウジアラビアの審判。イエローの枚数を数え損なって、ホーム豪州の選手を簡単に退場させたかと思えば、取るに足らないプレーでPKを与え、更にはファールですらないプレーでイエロー乱舞。最後の極めつけにはロスタイムの計算ができず、それを誤魔化すためにラストの決定的なフリーキックの場面で蹴る前に終了。まさに審判が主役になるという恥ずかしい自体を巻き起こしてしまっていた。
posted by アイナット at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1時-3時か、4時-6時かどちらが辛いか

昨日のユーロ2012、イタリアVSスペインは非常に楽しい試合であった。失礼ながら現在のイタリアはベテラン以外は小粒な選手ばかりだからもっと弱く強力なスペインに防戦一方になるのでは? と思っていたのだが、ところがどっこい全く互角の展開であり、この試合を見ただけでイタリアにも優勝のポテンシャルを感じずにはいられなかった。

さて現在は開催国の一角ウクライナVSスウェーデン戦。後半から見始めて試合が動いて凄いことになっている。ズラダンイブラが決めたかと思えば、シェフチェンコが連発。英雄クラスが決めるとやはり盛り上がるではないか。

試合時間の話。イタリアVSスペインは1時から3時の試合のため、この時間帯の試合を見ると、睡眠時間が最長3時間半になってしまう。これは正直厳しい。前半だけ見るとか意味わからないし。
対して4時前〜6時前の現在の試合の時間帯の場合、寝始める時間によっては4時間以上は寝れる。むろん終電で1時帰宅とかの場合は厳しいが、それでも後半開始から見ると割り切った上で速攻で寝れば4時間弱は寝れそうだ。
つまり1時から3時までの試合は視聴が厳しい。今日も実はフランスVSイングランドを見ようかとも思ったが、体力的に厳しいため、諦めたのだ。
幸いグループリーグ第三戦以降や決勝トーナメントの緊張感あふれる試合は4時前〜6時前であるから、この手の悩みはすぐ解消されるのが幸いだが
posted by アイナット at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

日本代表とユーロ2012

先週のアジア最終予選、オマーン戦、ヨルダン戦は全くの快勝で、強すぎる日本、相手が弱すぎて試合がつまらんという極めて贅沢な感覚すらも覚えてしまっている。
やはり本田がいるだけで格段に強くなる。更には香川のマンチェスターユナイテッド加入が正式発表。しかし香川は代表にはいまいちフィットしていない。それでも普通に考えれば十分な活躍なのだが、香川の実力からすればやはり物足りない。本人もそう思っているようで空回りしている感があるのが気になるところだ。
気になると言えば、ヨルダン戦の本田がいなくなって以降、やはり全体的にイマイチになってしまっていた点。これは解決しないとまた本田がいない試合がやってきたとき、三次予選の悪夢がよみがえることになってしまうだろう。

見る時間があるのかは謎だが、WOWOWにユーロ2012のためだけに短期加入することにした。実質6月しか見ないのだが、加入月無料で加入月には退会出来ないので、結局7月分の2000円は払う必要があるようだ。まぁ6月7月はスカパー!e2の欧州サッカーセットを解約しているので、それよりは安いので、全然問題ないだろう。

そのユーロ、オランダ(FIFAランク4位)がデンマーク(FIFAランク9位)に敗退した。でもどっちも本田有りの現日本代表よりもかなり弱そうに見える。従来では絶対に考えることが出来ないような現象だ。実際所属クラブを比較した場合、オランダは凄いのは確かだが、デンマークでは日本の方が格上にしか見えないのが凄すぎる。あの南アW杯でもデンマークには快勝したことも思い出されるではないか。もっともその強力な日本代表もセンターバックが非常に弱いのが気になるが。闘莉王を呼び戻さないのはなぜなのだろうか? ザッケローニに対する不満点だ。
posted by アイナット at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

欧州リーグ戦終了

昨日早朝のラツィオVSインテルも最終戦だけに、マンC優勝決定の30分後の1時半に寝て、3時45分に起きるという極めて疲れそうなことまでして、視聴したのだが、結果は今期のインテルを象徴するかのような逆転負けだった。長友も前半は良かったが後半はパッとしなかった。結果インテルは来期のCL出場権を逃してしまった。もっともここまで負けていて最終節まで希望が残っていたこと自体が奇跡に近いのだが。

これで今期の欧州サッカーは残すところ、今週末のCL決勝のみとなった。まぁチェルシーとバイエルンでは、決勝の地がミュンヘンだけに普通に考えてバイエルンの圧勝の可能性すらあるが、一応チェルシー応援に回るとしよう。

ただサッカー好きにとって睡眠時間がようやく常に取れると思いきや、来月はEURO2012こと欧州選手権があり、7月は五輪が始まるわけだ。そして昼間も当然Jリーグや日本代表のW杯最終予選もある。そして8月には欧州の新シーズンが始まりつつあるというわけだ。香川やら川島、吉田、宮市、乾、酒井高徳、柏の酒井、宇佐美などなどの移籍先がどうなるか、そして活躍できるのかも注目されるし、来期こそは本田にも頑張ってもらいたい。

とにかくサッカー好きには休む暇はない。そして同時に代表クラスのサッカー選手は休む暇がないということを意味するのだが、大丈夫なのか、近年試合中の悲劇が目立つだけに心配にもなってしまう。
posted by アイナット at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。